カンボジア「タケオ州」とはどういうところ?

cambodia takeo

タケオとは?

タケオは、カンボジアの州である。

(クメール語ではខេត្តតាកវ。「水晶の祖父」という意味)

カンボジア南部のバサック川の西に位置し、西側はカンポット県、北西側はカンポンスペー県、北側と東側はカンダール県と州境を接している。

南側はベトナムとの国際国境となっている。

タケオは、かつてのフナン王国とその後継者であるチェンラ王国(クメール帝国に先立つフナン王国の後継政体の中国語呼称)が中心地であったことから、「クメール文明発祥の地」と呼ばれることが多い。


10つの地区

2019年現在、同州には9districtsと1municipality、3sangkatsと9communes、1,119villagesがある。
※区分に関しては「カンボジア:5つの行政層」を参考にしてください。

タケオ州都はドウンケフ(Doun Kaev)(旧称:タケオ)と呼ばれる人口39,186人の小さな町である。


観光に関してはこちら(Tripadviser)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA