コンドミニアム【Vue Aston】はChbar Ampov地区で今後の衛星都市を開拓する

Chbar Ampov phnom penh

プノンペンの郊外への進出は、かつての農村地帯に新たな息吹を吹き込んでいる。チャムカーモン、ラッシーケオ、トゥールコーク、センソックなどは、過去10年間だけでもかなりの都市化が進んでいる。このように目覚ましい発展を遂げてきたカンボジアで、開発者が大規模な都市開発に次の大きな一歩を踏み出すのは時間の問題だった。

プノンペンの不動産市場にとって、衛星都市は決して異質なものではない。コーピック島(Koh Poch)、別名ダイヤモンド島は、このアイデアがカンボジアの風景の中でいかに実現可能であるかを示す代表的な例である。新世代の不動産を求める人々の間でコーピック島の人気が明らかになり、主要な開発者であるOverseas Cambodian Investment Corporation(OCIC)は、別のサテライト・シティ・プロジェクトを現在計画中。それはChbar Ampovのニルース地区である。

Chbar Ampov自体は、最近になって大規模な商業・住宅開発が始まったばかりの地区。これらの中で最も大きく、おそらく最も人気があるのは、ニルース地区に建設が予定されているVue Astonのコンドミニアムである。

Vue Astonは38階建ての豪華なウォーターフロントのプロジェクトで、都心部と同様の快適さを提供することに重点を置いている。2020年に着工したばかりのChbar Ampovでは最も洗練された開発になるであろう。

引用元: realestate.com.kh

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA